バレない副業投資のコツ
バレない投資の方法にはリスクもあります
こうして会社にバレる副業投資

会社の就業規則で副業を禁止していることが多いので、株式投資まで禁止されているのかと思われがちですが、実際にはそこまで厳しいことはありません。会社側で株式投資を禁止している場合がありますが、一部のマスコミ関係者などのインサイダー情報に接することができる人に限られます。これらの人は副業禁止という生易しいものではなく、違反をして株式投資をしたら刑事事件になりかねません。しかし、普通のサラリーマンに対して、そこまでの制限をしている会社は少ないのです。とはいえ気になる人も少なくないでしょうから、会社に絶対バレない手法を考えてみましょう。

会社に副業がバレる原因としては、休暇が多くなったりして会社の仕事以外に何かしていると感づかれることが多いです。しかし、別の会社で働いているのであれば別ですが、株式投資やFXをやっていて寝不足になることはあっても、会社の仕事に支障が出るほどの休暇を取るようなことはないでしょう。

しかし、見落とされがちな理由が、市町村からの課税通知です。以前は副業をしている人でも確定申告の際に給与の部分だけ会社に通知してほしいという依頼をすることができましたが、最近はそのようなことができなくなりつつあります。つまり、市町村は確定申告の内容を会社側にすべて連絡し、その内容に基づいて給与から地方税を徴収してほしいと連絡するのです。大手の会社は市町村からのデータを全て確認しているので、株式投資も含め、副業をしていたら一発でバレます。

とはいえ、株式投資の税金の申告には、確定申告がいらない方法があります。証券会社に確認すると教えてもらえますが、特定口座という口座を作り、株式の売却額から源泉徴収をするという方法を取ることで確定申告の必要がなくなります。確定申告をしなければ会社にも通知は行きません。証券会社を一つにまとめないと意味がありませんが、会社にバレないように、このような抜け道もあります。

ルール情報
オーナー